日本のカジノ情勢

日本のカジノ情勢

2016年の12月に国会で成立したカジノ法案とも呼ばれるIR推進法。これは一体、どんな法案なのでしょうか?まずはこの法律の目的や趣旨を紐解いていきましょう!日本国内では競馬や競輪やパチンコなどといった公営競技として黙認はされているものの現在まではカジノ営業たるものは法律で禁止されていました。しかしこのIR推進法が成立した事によりカジノを禁止していた日本の主軸を大きく方針転換させる法律が出来たことになります。それはIR推進法により今後、カジノを併設するリゾート地や観光事業が合法的に認められることになるからです。しかしIR推進法の目的といえばカジノ事業を重点的に後押ししているのではないという事を念頭に入れて今後の動向を注視していきましょう。

統合型リゾート推進法案

IR推進法の目的は先でも述べた様にカジノ法案ではありません。カジノを含めた複合型施設などのリゾート活用をして経済効果を狙う法律で統合型リゾート進法案の略称と言われています。2020年の日本国内の現状と言えば少子高齢化、不景気、低成長と3拍子揃いの問題を抱えているのが実情です。従って政府が今回打ち出すIR推進法は海外からの観光客集客を見込める総合リゾート施設を起爆剤として経済活性化を図る構想と言えるでしょう。簡潔にいうと海外の様にカジノも出来るリゾートホテルや観光施設を日本でも建設し海外からの観光客に来てもらいあくまでも集客手段と経済活性化を目的とした法案なのです。今後のカジノ建設予定地や開業予定日などが注目される事でしょう。又、カジノ解禁にあたりメリットやデメリットと言った案件も少なからず議論される事でしょう。

特定複合観光施設の概要

上記で述べたIR推進法による特定複合観光施設を統合型リゾートと言い以下の様な機能を持つ施設を指します。映画館や劇場、ホテルやレストラン、ショッピングモールやプール、展示場や会議室やイベント会場など。インスタ映えしそうなカジノもこれに含まれます。複数の商業施設や娯楽施設、観光施設をひとくくりとした統合型リゾートとなりカジノのイメージが先行していますがカジノはほんの一部にすぎないのです。さあ、近い将来どんなカジノができるのでしょうか?

海外のカジノとの比較

そもそも日本にIRを作っても外国のIRと比較して勝ち目はあるのでしょうか?諸外国では香港マカオやシンガポールのIRといった成功実例がありますが特に近年話題の上っているシンガポールのマリーナベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサは目を見張るものがあります。果たして日本はシンガポールのように成功して太刀打ち出来るのでしょうか。今後の日本におけるIR政策の重要ポイントとなることでしょう。いかに外国の強豪勢と競争して日本独自の観光立国を目指してくかが大きな課題となることでしょう。今後、海外から日本と言う国をどう評価していくか正念場となりうる時期に差し掛かっていると言っても過言ではないのです。

以前の様に外国人から見た日本のイメージ=富士山、相撲、芸者と言った固定観念を取り外していかに現代の日本と言う国をスマートに世界に発信していくかの分岐点に差し掛かっています。

又、海外からの観光客目線も意識をしてフィルターに取り入れるべきでしょう。外国人に人気のスポットやインスタ映えする場所やシチュエーションなどを吟味することも不可欠となってきます。例えば渋谷のスクランブル交差点やアニメ天国の秋葉原、日本独自のファッションスポット原宿などといった海外に負けない日本独自のオリジナリティーさを世界にアピールすることが出来ます。日本らしいエンターテインメントをいかに楽しむ事が出来るか。又、IR=カジノという発想から日本のエンターテインメントであるコンテンツへの転換をいかに打ち出すか事が勝負どころとなります。シンガポールのIRも7000億円をも追加して拡充と進化を遂げてリニューアルしています。シンガポールやマカオもIR事業は成功事例になっています。韓国に至ってはまずまずの状況で仁川空港からカジノへとの誘導で観光客はあまりソウル市内に取り込めていないようです。この様な観点から諸外国を参考にして施設の中心と周辺地域が一体化して外国人観光客をおもてなしできるかが焦点となります。今年、2020年は悲願のオリンピックの年でもあり又2025年には大阪では万国博覧会も開催されます。同様にIR構想といった多様性を探求して日本の文化やサービス、飲食や自然を楽しめる観光資源をアピールして提供しなければならないのです。日本の観光資源は世界の中でも吐出しています。四季折々の風光明媚なスポットや歴史漂う観光施設などが多く散在しています。又、自然を大いに感じられる海と山に恵まれています。はたまた近未来を感じさせられる大都市の高層ビル群等など。この様に日本の国は満を持してIR波及効果を出す国と言えるでしょう。