オンリーワンを目指す日本

オンリーワンを目指す日本

巨大産業の到来

IRと言うと未だカジノの話題に集中しがちですが2020年代半ばに開業が予定されている日本のIR(統合型リゾート)の実像はMICE、ホテルやレストラン、エンタメ施設やカジノを含む日本の最大限の魅力を発信できる複合施設なのです。これはかつてない日本初上陸の巨大産業といって良いでしょう。カジノの是非が問われる中、日本におけるIRはどの様なプロセスを踏んで世界の対抗馬として日本独自のIR、即ちオンリーワンを目指してIR整備に携わっていくのでしょうか。最前線の動きが気になるところです。政府は2030年の訪日外国人旅行者を6000万人規模の指針を打ち出してこの観光資源の鍵を握るのがIRなのです。日本は今後、少子高齢化に伴い地方衰退、経済の鈍化が進んでいくと言われています。そこで地域の街づくりや経済の活性化に繋がる起爆剤となるのが日本版IRなのです。大げさですがいわば守護神的役割を担っていると言っても過言ではありませんよね。

対外IR比較

先でも述べた通りにIRはカジノだけに特化した産業ではありません。2018年に公布された特定複合観光施設(IR整備法)においてホテルや国際会議場や展示場、魅力増進施設や送客施設などカジノ施設を含む必須条件となっています。一方、アメリカのラスベガスやシンガポールではIRの先進国であることは周知の通りです。カジノによるギャンブル依存の防止策や治安悪化防止、マネーロンダリングなどの徹底阻止などの厳しい審査の基に運営ライセンスを付与していますがカジノ以外の施設ではあまり制約がなく自由に建設されている様です。アメリカのカジノ市場では合計930ものカジノが稼働しており全体としては供給過多で過当競争に陥っているのが現状です。中でも民間商業施設であるいわゆるコマーシャルカジノは17の州で合法化されておりランドカジノと船上カジノがあります。一方、トライバルカジノと言ってアメリカ先住民所有のカジノは28の州で合計466の施設が稼働しています。ここアメリカでのカジノ施設は日帰り圏内約1~2時間移動範囲の人々の利用者をターゲットとしています。従って州政府や部族民の政府が挙って隣接するカジノに投資することを看過できない理由で設備強化合戦を繰り広げている様です。これは香港のマカオやシンガポールとは対照的でアジアのカジノ市場では中央政府が適正にカジノ施設の総量をコントロールしています。日本も同様に中央政府が厳格にカジノ施設のコントロールをする見込みです。

カジノ事業者の収益は

海外におけるカジノ事業者の収益力は下降傾向を辿っているようです。カジノ施設の収益データーは対象エリアにおける居住者の金融資産量とカジノ施設数で決定できます。金融資産量の数値はカジノ市場規模を表しそれを施設数で割る事により1カジノ施設の収益が測定できるのです。各国の収益を比較してみるとカジノ1施設当たりの平均個人金融資産量を比較してみるとアメリカは1180兆円を930施設で割ると約1兆円強の収益です。一方、マカオでは約11兆円、シンガポールでは約50兆円という数値が出ました。アメリカでは個人資産量こそ多いものの施設数が多い為過当競争の結果により市場規模が希薄化しているようです。一方、アジア圏では施設量コントロール下においてマカオの営業利益は6000億円、シンガポールの営業利益は2000億円と着々と営業利益を伸ばしています。果たして日本におけるIR産業が今後、アジア圏のIRに追いつき、追い越せと巨大利益を生む産業として発展していくのでしょうか?

日本型IRの具体例

IRではMICEの場合では国際会議場と展示場の基準をセッティングして3個の類型を設ける事が可能です。地域の特性を生かしてこれまでにない施設の建設が可能となります。例えば東京ビックサイトや東京フォーラムを超える規模のMICE施設の建設やホテル等は従来の客室数や面積も拡大することが可能となります。スケールの大きいハイクオリティーかつ日本独自の代表的施設の建設実現のために最低基準が設けられているのです。そこには日本独自のオリジナリティー溢れる秘策を設けなければならないでしょう。演芸場と和食レストランの合体とか海外に発信出来るインスタ映えする建造物とか地域の魅力を最大限に引き出してアピールしなければならないでしょう。海外のIR事業は民間ベースが主体となり舵取りをしています。その一方、日本では都道府県や政令都市又は民間IR事業者がタッグを組みオペレーションしていきます。海外に精通している民間事業者は勿論、経験値が高くオペレーションの中心的役割を担う事でしょう。しかし日本独自の魅力をアピールするにはノウハウには欠けています。そこで

自治体や観光業者と言ったスペシャリストとコラボすることでより観光産業の躍進が期待できると思います。