スポーツベッティング

Home » スポーツベッティング
カジニッポンからセレクトベットに登録して初回入金ボーナスを獲得しよう!
カジニッポンからテッドベット(TEDBET)に新規登録すると、入金不要ボーナスが$45が獲得できます♪
カジニッポンからコンクエスタドールに登録すると、初回入金ボーナス$2500とフリースピン200回がゲットできます!
カジニッポンからビーベット(Beebet)に新規登録して、入金不要ボーナス$30を獲得しよう!
カジニッポンから新規登録して、初回入金を行うとマッチアップボーナス$200が獲得できます。
カジニッポンから新規登録すれば、リリベットカジノの入金不要ボーナス¥1,000がもらえます。
オンカジプレイヤーの間で話題のワザンバカジノはカジニッポンから登録!

スポーツベッティングとは

近年日本ではオンラインでギャンブルを楽しむ機会が増えています。そして、その1つとして挙げられるのがスポーツベッティングです。

スポーツベッティングは競馬やボートレースのオンラインバージョンのようなもので、スポーツベッティング用のサイトを介して、ギャンブルを楽しむことができます。

この記事ではスポーツベッティングについて紹介します。

スポーツベッティングの概要

スポーツベッティングとは直訳すると「スポーツの賭け」です。これらかわかる通り、スポーツベッティングは、スポーツの勝敗に対して賭けるギャンブルのことを指します。

スポーツベッティングは1990年代後半に誕生し、その後約10年で多くの国、地域で楽しまれるようになりました。

そして、スポーツベッティングをすることができるサイトのことをブックメーカーと呼びます。

ブックメーカーはイギリスを起源としており、現在ではヨーロッパ全土、アジア、北米などにも広がっています。

ブックメーカーは各国政府のライセンスを取得して運営されています。そのため、厳しい審査を通過しているため、安全性が高く、不正行為などの心配をせずに利用することができます。

スポーツベッティングは最初は試合の勝敗に賭けるだけでしたが、現在では「前半戦で何点獲得するか」「ファウルが何回あるか」「サービスエースが何回決まるか」などいろいろな賭け方ができるようなっています。ブックメーカーによって賭け方の内容やオッズの設定の仕方異なるのがスポーツベッティングの特徴です。そして、スポーツベッティングの還元率は一般的に90~98%だとされています。これは日本の他のギャンブルと比較して高い数値となっており、比較的稼ぎやすいとされています。

また、試合を見ながら賭けをするライブベットという機能がスポーツベッティングにはあります。このライブベットでは、試合の流れによってオッズが変更され、それら合わせてプレイヤーは自由に賭けをすることができます。

また、通常のスポーツだけではなく、eスポーツを扱っている点もスポーツベッティングの特徴です。

スポーツベッティングで賭けられるスポーツとは

スポーツベッティングでは幅広いスポーツをカバーしています。日本でメジャーなスポーツに加えて、海外のマイナーなスポーツも扱っており、自分の好きなスポーツで自由に賭けを楽しむことができます。そして、扱っているスポーツの種類はブックメーカーによって大きく異なり、メジャーなスポーツを中心としたものから、ヨーロッパの伝統スポーツに焦点をあてたもの、サッカーに特化したものなど大きく異なります。そのため、ブックメーカーを選ぶ際には、どのようなスポーツがあるのかを確認するのが大切です。

スポーツベッティングの代表的なスポーツには以下のようなものがあります。

野球/サッカー/柔道/ゴルフ/テニス/アイスホッケー/オートバイ/ビリヤード

/ハンドボール/相撲/バドミントン/クリケット/スヌーカー/バンディ/アメリカンフットボール/ラグビー/ボクシング/フットボール/競馬/自動車レース/バレーボール/ゲーリックフットボール/アイスホッケー/オージールールズ/ローンボウルズ/ウィンタースポーツ/陸上競技/モトクロス/スヌーカーなど

また、eスポーツとしては、以下のゲームが用意されています。eスポーツに関しては、新しいゲームが発売されると追加されたりするので、頻繁に変更されます。

RTS(リアルタイムストラテジー)MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)League of Legends(リーグオブレジェンド)FPS(ファーストパーソンシューター)CS:GOWorld of tanks(ワールドオブタンクス)

スポーツベッティングは日本で違法?

まず、結論から言うと、日本におけるスポーツベッティングは違法とも合法ともいえない、グレーゾーンにあるといえます。

日本ではギャンブルが法律で禁止されています。そのため、日本の法律に則って考えた場合、スポーツベッティングも法律違反となります。この時、なぜ競馬やオートレース、競輪は日本で行われているのか、という疑問があるでしょう。これらが日本で違法となっていない理由には、公営賭博という扱いになっている、ということが挙げられます。

競馬やオートレース、競輪などは、①公的な団体が運営していること、②会場のある地域の発展につながること、という2つの理由で政府が公認しているのです。そのため、これらのギャンブルは例外として認められているのです。これに対し、スポーツベッティングは上記の2つの理由に該当しないため、完全な違法ギャンブルとなります。

ただしここで問題なのが、スポーツベッティングの提供元であるブックメーカーは海外企業によって合法的に運営されているということです。

仮に日本でギャンブルによって逮捕されるとしたら、プレイヤーだけではなく、運営元も同時に罰せられなければいけません。プレイヤーだけが処罰の対象となるということはありません。

しかし、ブックメーカーの運営元は海外であり、合法的に運営されています。そして、拠点が日本にない限り、日本の法律で裁くことができないのです。そのため、日本でブックメーカーを通じてギャンブルをした場合でも、運営元を裁けないので見逃されているのです。

これがスポーツベッティングがグレーゾーンとされている理由です。そして、日本でスポーツベッティングをどのように扱うかについては、議論は全く進んでいません。

そのため、日本国内でスポーツベッティングをすることができているのです。実際にこれまでスポーツベッティングをしているという理由で逮捕者が出た例はありません。

ただし、スポーツベッティングがグレーゾーンであるということは、忘れてはいけません。SNSでスポーツベッティングをしている、いくら稼いだ、と発信するなど目立つ行為は避けるのが無難でしょう。

スポーツベッティングに税金はかかる?確定申告は必要?

スポーツベッティングによって稼いだお金は、一時所得となるため課税対象となります。

一時所得とは、通常の所得以外に、利益を得ることを目的とした行為から生じた所得のことを指します。スポーツベッティングは「利益を得ることを目的とした行為」であるため、一時所得としてみなされます。

スポーツベッティングで稼いだ賞金は50万を超える金額が課税対象となります。これは50万円は特別控除額と決められているからです。そのため、1年間で稼いだ金額が50万円以下である場合は、納税および確定申告をする必要はありません。

年間の利益が50万円以上あった場合は、毎年216日から315日の間に個人で確定申告、納税をする必要があります。

50万円以上の一時所得があったにも関わらず、315日の期限までに確定申告や納税をしない場合、延滞税や無申告加算税などのペナルティが課されることがあります。

確定申告が遅れれば遅れるほどペナルティの金額が大きくなるので、これらの納税手続きは期限を守り、正しく行いましょう。

スポーツベッティングができるおすすめサイト

ここではスポーツベッティングができるおすすめのブックメーカーを紹介します。

Williamhil(ウィリアムヒル)

Williamhilは日本国内で利用できるブックメーカーの中でも最もユーザー数が多い人気のブックメーカーです。賭けの種類が多いことで知られており、1試合に対して200種類以上の賭けが設定されていることもあります。

また、スポーツ以外にも政治や天気など、ユニークな賭けもあるのが特徴です。

bet365(ベット365

bet365は全世界で約2000万人のユーザーを獲得している大手ブックメーカーです。

スポーツや賭けの種類が豊富であるため、初心者だけではなく、プロからも支持されています。また、bet365はライブベットに力を入れており、試合のストリーミング動画配信をしているのが魅力です。

Pinnaclesports(ピナクルスポーツ)

Pinnaclesportsは業界最高レベルのオッズを提供しているブックメーカーです。オッズが高く稼ぎやすいので、主にハイローラーから人気を集めています。

また、多くのブックメーカーが禁止しているアービトラージを許可しているのがPinnaclesportsの特徴です。

スポーツベッティングの始め方/やり方

ここではスポーツベッティングの始め方を紹介します。

ステップ1.ブックメーカーの選択

スポーツベッティングを始めるには、まずはブックメーカーを選ぶ必要があります。

ブックメーカーを選ぶ際には、安全性、取り扱いのあるスポーツや大会の数、オッズの高さ、入出金手段の種類、日本語でのカスタマーサービスがあるか、などいろいろな項目をチェックすることが大切です。

複数のブックメーカーの内容を見比べた上で、自分の好きなブックメーカーを選びましょう。

ステップ2.ブックメーカーに登録

ブックメーカーを選んだら、次は会員登録をします。ブックメーカーの公式サイトにアクセルをして「アカウント作成」「登録」などのボタンから、会員登録をします。

ブックメーカーに登録するには、以下の情報が必要です。

氏名

住所

生年月日

電話番号

メールアドレス

通貨

パスワードなど

そして、利用規約やプライバシーポリシーに同意をした上で、これらの情報を登録します。

これだけでブックメーカーへの登録が完了します。または、ブックメーカーによってはメールアドレスやSMSによる認証が必要になることがあります。

いずれにせよ、登録手続きは3~5分ほどで完了します。

ステップ3.入金

ブックメーカーに登録をしたら、次は入金をします。

登録時に設定したユーザーやパスワードを使用して、ログインをしましょう。そうすると、入金ページがあるので、そこから好きな入金手段を選択して入金します。

基本的に入金は即時決済され、すぐにアカウントに反映されます。すると、スポーツベッティングができるようになります。

ステップ4.本人確認

ステップ3の入金まで完了すると、スポーツベッティングができるようになります。しかし、ブックメーカーを使用している中で、出金をするときに本人確認が必要になることがあります。また、ブックメーカーによっては入金時にも本人確認が求められます。

そのため、アカウント作成時に、同時に本人確認も済ませておくといいでしょう。

本人確認をするには、以下の書類の提出が必要となります。

運転免許証

パスポー等の写真付き身分証明書

公共料金やクレジットカード等の3か月以上に発行された住所が記載された書類など

これらの書類をアップロードして、審査に通過する必要があります。この審査が完了すると、制限なくブックメーカーを利用できるようになります。

<H3>その他 ウェルカムボーナスの利用

ブックメーカーのほとんどは、新規アカウント作成者に対してウェルカムボーナスを提供しています。ウェルカムボーナスにはアカウントを作成しただけで獲得できる登録ボーナス(入金不要ボーナス)や初回入金ボーナスがあります。

これらのウェルカムボーナスはアカウント作成後に自動的に付与されるものや、ボーナスコードが必要なもの、カスタマーサポートに連絡が必要なもの、ボーナス申請が必要なものなどがあり、獲得方法はブックメーカーによって異なります。

そのため、自分が登録するブックメーカーがどのようなウェルカムボーナスを用意しているのか、どのように獲得できるのかを事前に調べておきましょう。

まとめ

スポーツベッティングは、世界中のスポーツや試合に賭けることができる人気のギャンブルです。スポーツベッティングでは試合の勝敗だけではなく、サービスエースの数やファウルの数などユニークな賭け方をすることができます。そのため、今までとは違うスポーツ、ギャンブルの楽しみ方ができるのです。

スポーツベッティングはブックメーカーに登録するだけですぐに始めることができます。ぜひお気に入りのブックメーカーを見つけて、スポーツベッティングを楽しみましょう。