ブラックジャック

ブラックジャック

ブラックジャックの概要

カジノでプレイしたことのない方でもブラックジャックという名前くらいは聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?ブラックジャックはカジノ業界に限らず、一般的にも世界中で知名度の高いトランプゲームです。ブラックジャックはシンプルでありながら、ディーラーのカードを基に自分のカードを引くか引かないかの駆け引きが重要な非常に面白いゲームです。ルーレットやバカラなどの運要素の強い他のカジノゲームよりも、自分のテクニックと戦略を有効に活用することで勝率を一気に上げられるため、本当の意味で腕を試されるカジノゲームです。だからといって、初心者にとって難易度が高いというわけではなく、ルールを熟知して自分に合った戦略に従えば確実に上達できるでしょう。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックでは、まず初めにプレイヤーとディーラーのそれぞれに二枚ずつカードが配られます。一枚目のカードは数字または絵柄が表になっている状態(アップカード)で、二枚目のカードは裏になっている状態(ホウルカード)で配られます。二枚のカードの合計が「21」または「21」を超えることなく最も近い数字を出した方の勝利となります。この時、カードの合計が「21」だとブラックジャックとなります。「21」を超えると「バースト」と呼ばれる状態となり、負けが確定します。合計が「21」に近いからといって例えば「22」を出したとしても「21」を超えているのでバーストとなり、負けとなります。両者がどちらも「ブラックジャック」を成立させるとプッシュ(引き分け)となり、プレイヤーの賭け金が返金され、もう一度ラウンドが始まります。両者は自分のカードに応じてもう一枚カードを追加する「ヒット」またはカードを追加せずにそのまま勝負に出る「スタンド」を選ぶことができます。他にも二つのカードを分けて再び勝負に出る「スプリット」や「ダブルダウン」など他のアクションも取れますが、こちらは後ほど詳しく解説していきます。

ブラックジャックのカードの数字の数え方は少し特殊ですので、よく覚えておきましょう。

2~10までのカードはカードに書かれた数字がそのままスコアとなり、J、Q、Kなどの絵柄カードはすべて10としてカウントされます。Aは1または11から自分に有利な方を選んでカウントすることができます。

実際のカードの数え方を見てみましょう。

プレイヤー:J(10)、A(1または11)

この場合、Aを11としてカウントすると10+11=21でブラックジャックとなるので迷わず11としてカウントしましょう。

ディーラー:3(3)、9(9)

カードに書かれた数字がそのままスコアとなるので、合計で12となります。

プレイヤーがブラックジャックを出しているのでその時点でプレイヤーの勝利が確定しています。

では、次に「ヒット」「スタンド」の概念について例を挙げて詳しく見ていきましょう。

プレイヤー:7(7)、Q(10)

この場合、プレイヤーのカードの合計は17となります。ヒットするとしても、A、1~4以外を引いてしまうとバーストしてしまい、その時点で負けてしまいます。ここではスタンドして勝負に出るのが得策だと言えます。

ディーラー:5(5)、K(10)

ディーラーのカードの合計は15です。ディーラーには合計が17以上にならない限りヒットし続けなければならないというルールがあるため、この場合は必ずヒットします。三枚目のカードで7~10、J、Q、Kのいずれかを引いてしまうとバーストしてしまい、その時点でプレイヤーの勝利です。プレイヤーが17でスタンドしたと仮定し、ディーラーがヒットして3、4、5、6のいずれかのカードを引けばディーラーの勝利です。

プレイヤーのその他アクション

ブラックジャックでは、プレイヤーのみが「ヒット」「スタンド」の他にとれるアクションがあります。ここでまとめて見てみましょう。

ダブルダウン

ダブルダウンでは、賭けた金額を倍にして三枚目のカードを引くことができます。勝てる確信があるときに使うのが得策です。ただし、ダブルダウンをするとそれ以上カードを引くことができません。そのため、勝率が高い、もしくはリスクをとってでも高い利益を得たい時に使うアクションです。

スプリット

スプリットは、最初に配られた二枚のカードのカウント数が同じ数字の場合に使用できます。例えば、二枚のカードが両方6であったとしましょう。スプリットを使用することでカードを6と6の二つに分割し、それぞれに対して追加のカードを引いて勝負に出ることができます。ただし、スプリットを使用した場合それぞれのハンドに同額の賭け金が適用されるため、二倍の賭け金が必要になります。

サレンダー

サレンダーは、二枚のカードは配られた時点で勝ち目がないと判断し、プレイヤーが自ら「サレンダー(降伏)」を宣言することです。サレンダーすると、賭け金の半額が返金されます。ブラックジャックの種類によってはサレンダーが許可されていないものもあるのでプレイする前にルールをよく確認することをおすすめします。

インシュランス

ディーラーに配られたカードのアップカードがAだった場合に、ディーラーの二枚目のカードが10、J、Q、Kであり、ブラックジャックであるかどうかを予想するのに最初の賭け金の半額を賭けることができます。ディーラーがブラックジャックをヒットし、見事に賭けが的中すると、インシュランスに賭けた金額の2倍の配当が支払われます。当然、プレイヤーとディーラーの勝負は続いているわけですから、ディーラーがブラックジャックの場合、プレイヤーもブラックジャックとなり、引き分けとならないと負けてしまい、掛け金が没収されてしまいます。しかし、インシュランスに賭けてディーラーがブラックジャックをヒットすれば配当は支払われるので全体的にみると損失をカバーすることができます。

イーブンマネー

イーブンマネーはディーラーに配られたカードのアップカードがAであり、プレイヤーが21(ブラックジャック)をヒットしている場合に使用します。イーブンマネーも最初の賭け金の半額で、ディーラーがブラックジャックになるかどうかに対して賭けることが可能です。イーブンマネーを使うとディーラーがブラックジャックをヒットした場合、2倍の配当が支払われます。

ディーラーにのみ適用されるルール

プレイヤーに直接関係があるわけではありませんが、ブラックジャックにはディーラー特有のルールが存在します。こちらのルールもしっかりと頭に入れることでより有利にゲームを進めることができるでしょう。

ディーラーのヒット条件

ディーラーはカードの合計数が「17」以上になるまでヒットし続けなければいけません。

ディーラーのスタンド条件

ディーラーはカードの合計数が「17」以上になったらスタンドしなければいけません。

この条件が適用されるため、ディーラーのカードの合計は17、18、19、20、21(ブラックジャック)、バーストの6パターンしかないことが容易に分かりますね。これらのディーラー特有のルール条件があるため、ブラックジャックはプレイヤーに選択の自由があり、多少有利であると言えます。

ブラックジャックの賭け方と配当の倍率

ブラックジャックにおける配当は以下の通りです。

プレイヤーが勝利した場合: 配当は1倍

→ 10賭けたら、20もらえます。

プレイヤーがブラックジャック(カードの合計が21)で勝利した場合: 配当は1.5倍 

→ 10賭けたら、25もらえます。

引き分け(プッシュ):賭け金の全額が返金

→ 10賭けたら、10もらえます。

ブラックジャックでは、プレイヤーまたはディーラーの勝敗に賭けるだけではなく、プレイヤーのカードの図柄/種類/組み合わせなど、その他の要素に賭けることのできるサイドベットも存在します。

サイドベットを有効活用することでプレイヤーとディーラーの勝敗での賭けが望んだ結果にならなかったとしても資金を取り返すことができるかもしれません。

サイドベットの種類は各カジノテーブルによって異なりますが、ここでは主に二種類のサイドベットを取り上げていきます。

パーフェクトペア/カラーペア/ミックスペア

パーフェクトペアではプレイヤーに配られた最初の二枚のカードが同じ数字・図柄のペア、カラーペアでは数字と色、ミックスペアでは数字が同じであるかどうかに賭けます。それぞれの配当は26倍、13倍、7倍となります。この配当はあくまで目安で、カジノによって多少違いがあるかもしれません。

21+3

このサイドベットはポーカーの要素も入ってくるので少し複雑に思えるかもしれません。このサイドベットでは、プレイヤーに配られた最初の二枚のカードとディーラーのアップカード一枚でポーカーの役が成立しているかどうかに賭けます。ポーカーの役に関して検討も付かない人には馴染みのないサイドベットですが、ポーカー好きなら楽しんでみる価値はあります。配当は6倍~101倍とかなり期待できます。

確率で見るブラックジャック

ブラックジャックはプレイヤーかディーラーのどちらが勝つかなので勝率はほぼ50となります。しかし、ブラックジャックの細かいルールはカジノによって違うので勝率に関して一概に断言することはできません。カジノ側の利益、取り分となるハウスエッジに関しては、戦略を利用せずにプレイした場合、約2~5%であると言われています。これはバカラやルーレットの還元率とそれほど変わりませんね。一方で、ブラックジャック特有の戦略を活用した場合は、ハウスエッジを1%以下にまで引き下げることができるそうです。ブラックジャックで戦略の活用することがいかに重要かが分かります。また、オンラインカジノでプレイする場合は、ブラックジャックのハウスエッジはソフトウェアによっても差があるのでハウスエッジの低いブラックジャックソフトウェアを選ぶと良いでしょう。いずれにしろ、戦略に忠実にプレイすればブラックジャックのハウスエッジは他のどのカジノゲームと比べても圧倒的に低くなり、プレイヤーにとって有利となるのです。

ランドカジノでのブラックジャックの様子

ランドカジノではボタン一つであらゆる操作が簡単にできるオンラインカジノとは違い、ヒット、スタンドはもちろん、スプリット、ダブルダウン、サレンダーなどを行なう際にプレイヤー自身によるサイン(ジェスチャー)が必要になります。ここではランドカジノにおけるブラックジャックの進行手順と各ベットのサインをおさらいしていきましょう。

チップを置いてベットする

テーブルの所定の位置へチップを置いてベットします。プレイヤー全員がチップを置き終わると、ディーラーが各プレイヤー、そしてディーラー自身にカードを二枚ずつ配ります。ディーラーに配られるカードの一枚目は表側(アップカード)であり、全員が確認することができます。ディーラーのアップカードを見て、各プレイヤーはどのアクションをとるかを決めます。例えば、ディーラーのアップカードがAである場合は、二枚目のカードが10、J、Q、Kであれば合計が21となり、ディーラーにブラックジャックが成立している可能性が高いです。この場合、各プレイヤーはディーラーがブラックジャックであれば配当が支払われるインシュアランスに対する意思決定を促されます。インシュアランスを使用する場合は、最初の賭け金の半額のチップをインシュアランスゾーンに置きましょう。

各アクションのサイン(ジェスチャー)

ディーラーから見て時計回りに位置しているプレイヤーから順番にアクション決めます。ヒット、ステイ、ダブルダウン、スプリット、サレンダーのいずれかのアクションをとります。

ここで、各アクションのサイン(ジェスチャー)について詳しく解説していきます。ランドカジノによって多少違いはあるかもしれませんが、ここでは一般的なものを紹介していきます。

ヒット

人差し指と中指でテーブルを2、3回叩きます。または、「Hit(ヒット)」と口頭で言います。

スタンド

テーブルに手のひらを向け左右に振ります。または、「Stand(スタンド)」「Stay(ステイ)」「No more(ノーモア)」と言います。

スプリット

人差し指と中指を突き出すか、「Split(スプリット)」と言って最初の賭け金と同額のチップをテーブルの上に置きます。

ダブルダウン

人差し指を突き出すか、「Double down(ダブルダウン)」または「Double(ダブル)」と言って最初の賭け金と同額のチップをテーブルの上に置きます。

サレンダー

人差し指でテーブルに左から右に線を描くように動かします。

(インシュアランス)

通常はディーラーの一枚目のカードを確認した時点で意思表示を行ないます

「Insurance(インシュアランス)」と言ってインシュアランスゾーンにチップを置きます。

ディーラーの二枚目のカードをオープン

プレイヤーのアクションが終了した後、ディーラーが自身の二枚目のカードをオープンします。この時点で二枚のカードの合計が「17」未満であれば、ディーラーのみに適用されるルールに従ってディーラーは三枚目のカードを引きます。

ディーラーのハンドと各プレイヤーのハンドを比較して、勝敗に基づいて配当の支払いまたは賭け金の没収が行われ、ゲームラウンドが終了します。

オンラインカジノのカジノゲームとしてのブラックジャック

オンラインカジノでは、ランドカジノとは違い、直接ディーラーにサインを示す必要はなく、ボタン一つですべての操作が行えてしまうため、初心者プレイヤーにはオンラインカジノでのプレイがおすすめです。ライブゲームのブラックジャックでは、ライブカメラを通してライブディーラーや他のプレイヤーと交流しながらリアルなゲーム体験ができます。ランドカジノでもそうですが、オンラインカジノでもどのブラックジャックをプレイするかによって多少ルールの違いがあります。ここでは、ブラックジャックのバリエーションによるルールの違いをいくつかご紹介します。

ブラックジャックサレンダー

このタイプのブラックジャックでは、二枚目のカードが配られた時点でプレイヤー自ら勝ち目がないと判断し、サレンダーを選ぶことができます。

パーフェクトブラックジャック

このタイプのブラックジャックでは、プレイヤーとディーラーの勝敗だけでなく、その他の要素にも賭けることができるサイドベットが存在します。

ブラックジャックスイッチ

最初に配られる二枚のカードを入れ替える(スイッチ)ことでより有利にゲームを進めることができます。

ブラックジャックのコツと攻略法

ブラックジャックは自分のハンドの合計に応じてヒットまたはスタンド、およびその他のどのアクションをとるかじっくり考えることが勝利のコツとなります。例えば、自分のハンドの合計が11以下である場合、他のカードを引いても決してバーストすることはないため、ヒット一択です。一方で、自分のハンドが12~16の場合は、ヒットしてしまうとバーストしてしまう可能性も高いので、ディーラーのアップカードを見極めて勝負に出るかどうか判断することが有効となります。ディーラーがバーストする確率の低いアップカードを持っているとすれば、プレイヤーはディーラーよりも高い数値を狙いにヒットするべきです。ディーラーがバーストする確率の高いアップカードを持っているとすれば、ディーラーがバーストすることを想定して、プレイヤーはスタンドすべきです。各ハンドに対する最適な戦略は別記事で詳しく特集していますので、ブラックジャックの攻略法に興味がある方はそちらを読んでみてください。

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックの起源については諸説ありますが、主に以下のゲームからブラックジャックが発展したと考えられています。

・15世紀イタリアの「31」

三枚のカードの合計を31に近づけるゲーム

・17世紀イタリアの「セブンアンドアハーフ(Seven and a half)」

8、9、10と絵柄のカードを使用。絵柄のカードは0.5としてカウントし、カードの合計w7wお.5に近づけるゲーム。基本的なルールが現代のブラックジャックと非常に類似しています。

・16世紀フランスの「ヴァンテ・アン( vingt et un)」

フランス語で21を意味するこのゲームはフランスの貴族の間でよくプレイされていたようです。

19世紀にフランスの植民地であったアメリカのある地域でこれらのゲームが広まり、その後まもなく現代のブラックジャックの基本ルールが確立されました。当時、ブラックジャックはそれほど人気の高いゲームではありませんでした。

1960 年代にカードカウンティングなどのコンピューターによるブラックジャック戦略が確立されたあと、ブラックジャックを取り巻く状況は一気に変わりました。カジノゲームの中でも特に勝ちやすいと評判になり、これまでカジノには興味がなかった層にもこぞってプレイされるようになりました。その後、現在に至るまで世界中のカジノでプレイされ続けています。今後もその人気が衰えることはないでしょう。

ブラックジャックのまとめ

ブラックジャックは適切な戦略の活用とゲームへの慣れが勝利に大きく関わるやりがいのあるカードゲームです。全くの初心者であっても、ブラックジャックのルール、戦略をじっくりと研究し、ひたすら実践を積むことで勝率を大幅に上げ、安定して勝つことができるようになります。当サイトが紹介しているすべてのオンラインカジノでブラックジャックがプレイできるので、是非自分に合ったブラックジャックを選んでプレイしてみましょう!一度プレイしてみればブラックジャックの面白さに必ず引き込まれることでしょう。

Leave your comment
Comment
Name
Email